2007年06月15日



スポンサードリンク

自信と過信を学んでください

専門学校・理系4大卒、とかく技術に自信をもって
仕事に望むことでしょう。でもね、専門学校で2年、
大学で4年、たかだかそれだけの経験です。しかも
実務経験0です。社会には10年戦士、20年戦士がわんさかいます。
全ての先輩社員が仕事が出来るというわけではありません。
しかし、貴方の数倍の実務経験があるのは事実です。
自信を持つことは結構ですが過信はよくありません。
先輩社員の言うことに耳を傾けてみましょう。
人間ですから100%正しいことを言っているとは限りません。
しかし、どんな人でも一つは正しい助言を与えてくれます。
それらの助言をかき集めて、自分のスキルにしてしまいましょう。
とかく過信している新入社員の方は、先輩の助言に耳を傾けない
傾向にあります。実にもったいない!
専門学校、大学ではお金を払ってスキルを身につけてきたのに対して
社会では無料で、しかもお金をもらいながらスキルを身につける
ことが出来るのです。
まずは先輩社員の助言に対して、耳を傾ける練習をしてみましょう。
正しい助言も、間違った助言も全てです。その中から、正しい助言を
自分のスキルにしてしまうのです。正しい助言の見極めも最初は
難しいかもしれませんが、そのうち、簡単に見分けがつくように
なるでしょう。これが、俗にいう経験というやつです。
この経験が積み重なって、自信が身につきます。そして、過信して
いた自分にも気がつくでしょう。
posted by システムエンジニア at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新人社員に送る言葉

2007年06月13日



スポンサードリンク

作業を行うときは常に客観的に!

まず、新入社員にとって作業を与えられ
その作業をこなす。こんな一年を送ると思います。

ただ、ここで与えられた作業を淡々とこなすのでは
芸がありません。

貴方の上司が何故、
■貴方にこの作業を与えたのか?
■この作業をこなすことでどの程度の成果を上がられるのか?
■また、どの程度周りに影響するのか?

上記3点を常に意識しながら作業を進めてみてください。
数年後貴方はどの作業のに対しても客観視して作業を
行うことが出来るようになるでしょう。

そして、そのスキルが貴方のキャリアアップに必ず
役に立つでしょう。

もう一度いいます。与えられた作業をただ、単純にこなすだけでは
その作業に対してのスキルは身についていきますが、今後
作業者から、管理者にキャリアアップする時に苦労します。

若いうちに身につけられるスキルはドンドン身につけましょう。
10年後に同期との差が歴然となります。

単純な、それこそ雑用と思われるような作業でもこのような
意識を持って作業に励みましょう。大事なのは、上記にあげた
意識改革が目的です。習うより慣れろ、まさしくこの言葉通りの
スキルアップです。
posted by システムエンジニア at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新人社員に送る言葉

2007年06月10日



スポンサードリンク

与えられた作業をこなす上での心構え

新入社員、転職して間もない社員。
どうしても雑用が多くなる。
雑用を押し付けれら、モチベーションが下がる。
その気持ちよくわかります。
特に新入社員の方などは、向上心満々で
入社してしてきます。そんなところへ雑用・・・
確かにモチベーション下がりますよね。
でもね、雑用を雑用として捉えるから雑用になるわけです。
どんな作業にも意味はあります。
その作業が発生することで、何らかの意味があるのです。
与えられた雑用をただこなすのではなく、その雑用の
意味を意識しながら作業をこなしてみてはいかがでしょうか。
なんで、この作業を俺が?この問いかけを3回繰り返して
みてください。今とは違う視点でものを見られるようになると
思います。
こういった意識改革を3年も繰り返してみてください。
管理職としてのものの考え方、そして作業者としての考え方、
双方を持ち合わせた、立派なシステムエンジニアの第一歩を
踏み出せるでしょう。管理者として雑用を依頼する立場に
なったときに、作業者の気持ちを考えて作業を依頼できるように
なると思います。
1日2日では、この域に達せするのは難しいかと思いますが、
徐々に体に染み付いてきて、ある日それが開花します。
posted by システムエンジニア at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新人社員に送る言葉

2007年05月27日



スポンサードリンク

議事録を出来るだけ作成してください

新卒社員が研修後よく依頼される仕事の一つとして
議事録の作成があります。会議の内容を証拠として
残す重要な作業です。
新入社員の頃は、この作業を雑用としてしかとらえず
嫌がるものです。しかし、この作業は議事録の作成という
意味合いだけではなく、業務をしっかりと把握する上でも
重要な作業となります。逆に言うと、議事録もまともに
作成できなければ、かかわっているプロジェクトを理解
出来ていないともとれます。プロジェクトの内容も理解
できなければ、今後の作業に支障をきたします。
新入社員のうちは、依頼されずとも会議の内容を
メモにとるくらいのことはしておきましょう。
そうすることで、プロジェクトの理解やそれにかかわる
人間関係等も見えてきます。また、文章作成能力も身につきます。
posted by システムエンジニア at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新人社員に送る言葉

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。